中学受験の過去問でできなかった問題は解き直すべき?

中学受験において過去問を解くのは1回きりで良いのか、何回も解き直すべきなのか、についてはどう考えるべきでしょうか?
過去問は1回解いてみると、できなかった問題が多くあると思いますが、そういった問題は放置で良いのか?またやり直すべきなのか?というのは、考え方によると思います。どちらにしても一応メリットはあるからです。

過去問で出た問題と全く同じ問題はその志望校では出ない可能性が圧倒的に高いです。したがって、その志望校に受かるためということを考えるならば、過去問でできなかった問題をやり直す必要性は乏しいと言えるのではないかと思います。

しかし、その問題は過去問の志望校では出る可能性が極めて低いとは言えるものの、別の中学においてはもしかしたら出るかもしれません。そこまで考えておくと、実はできなかった問題を解き直すことに意味は一応あると思います。ですから、中学受験で1つの学校しか受けないというケースはともかく、併願をするのであれば、ある中学校の過去問をやってできなかった問題を解き直すことは、別の中学校の入試対策にもなるということが言えるのです。

たいていのケースでは併願をすると思うので、過去問をやってできなかった問題はもう1度解いてみても良いと言える面はちゃんとあるということになります。同じ問題でなくても、同じ傾向の問題が出題される可能性はありますので、時間を作って解き直してみてはどうでしょう。